バレーV1「PFU」が五輪金の松本薫さんと復興支援の募金活動

バレーボールV1「PFUブルーキャッツ」の今シーズン最後のホーム戦が行われ、試合のあと、選手たちはゲストとして迎えたオリンピック金メダリストの柔道の松本薫さんとともに、能登半島の復旧・復興を支援するための募金活動を行いました。

11日、金沢市総合体育館で行われた「アランマーレ山形」との試合には、1400人を超えるファンが集まりました。

まず、全員で地震で亡くなった人たちに黙とうをささげたあと、ゲストとして招かれたロンドンオリンピック柔道金メダリストの松本薫さんが「被害にあった方に対し、お見舞い申し上げます。少しでも被災地の力になれたらと思います」とあいさつしました。

観客席に掲げられた「がんばろう!能登」という横断幕を背に、エースのメリーサ選手やキャプテンの高相みな実選手らが得点を重ね、PFUブルーキャッツはセットカウント3対1で勝利しました。

試合のあとには、両チームの選手と松本さんが入り口付近に立って募金活動を行いました。

松本さんは「地元で地震が起きてショックでした。被災者のかたがたには少しでも元気になってほしい。少しずつ復興に向けてできることをしていきたい」と話していました。

高相選手は「スポーツの力で少しでも皆さんを明るく笑顔にできたらいいと思います。松本さんと一緒に募金を行ったので大反響でした」と話していました。