沖縄 首里城地下の旧日本軍司令部壕周辺で教員らが野外学習

太平洋戦争末期の沖縄戦で、旧日本軍が首里城の地下に造った司令部壕について理解を深めてもらおうと、沖縄県は10日、壕の周辺でフィールドワークを開催し、教員などが参加しました。

旧日本軍が首里城の地下に造った第32軍司令部壕について、沖縄県は地上戦の実態を伝える重要な戦跡だとして来年度以降の公開を目指しています。

こうした中、県は10日、沖縄戦の記憶の継承に向け大きな役割を担う教員などを対象にフィールドワークを開き、定員の2倍近くの17人が参加しました。

地下に張り巡らされた全長およそ1キロの司令部壕はほとんどが埋もれているため、いまは周辺を見て回るしかありませんが、当時、日本軍がモールス信号を送っていた付近では、アンテナを出していた穴について説明を受けました。

このあと5つある壕の出入り口のうち、場所がはっきりしている「第5坑口」まで移動し、奥には炊事場があり、調理の際に出た煙でアメリカ軍に居場所が悟られないよう木の枝をフィルター代わりにして煙を拡散していたことなど、緊迫した戦時下の様子に耳を傾けていました。

参加した中学校の教員は「当時のことを肌で感じられる場所に来ることで生徒たちに伝えられることがあるし、ゆくゆくは生徒を連れて来て平和学習につなげたい」と話していました。