【石川 交通影響】鉄道 航空 バス 道路(2月10日)

地震による交通機関や道路への影響です。

鉄道

【北陸新幹線・JR北陸本線】
平常どおり運行しています。

【JR七尾線】
七尾駅と和倉温泉駅の間で運転を取りやめています。
この区間は2月15日から運転が再開される予定です。

【のと鉄道】
七尾駅と穴水駅の間の全線で運転を取りやめています。
この区間は朝と夕方以降の時間帯にバスによる代替輸送を行っています。
このうち七尾駅と能登中島駅の間は、2月15日から運転を再開する予定です。
一方、能登中島駅と穴水駅の間は、4月上旬の運転再開を目指しています。

航空

小松空港を発着する便は平常通りの運航です。
能登空港は応急の復旧工事が完了し、羽田空港と結ぶ便の運航を再開しています。
3月28日までは、毎週火曜日と木曜日、それに土曜日にそれぞれ1往復ずつが運航されます。
前日までに購入した場合、空港施設の使用料を除き、運賃は1万円に値下げされます。

バス

【北陸鉄道】
金沢駅と輪島市や珠洲市などを結ぶ路線の運行を一部の便で再開しています。
運賃は無料で、被災した人やその親族が優先して乗車できます。

道路

【のと里山海道】
横田インターチェンジと穴水インターチェンジの間の上下線と、横田インターチェンジと徳田大津インターチェンジの間の上り線で通行止めが続いています。

また、柳田インターチェンジから横田インターチェンジまでの下り線は、緊急車両などを除き通行できません。

このうち、輪島方面に向かう下り線の通行止めは、横田インターチェンジと越の原インターチェンジの間で2月下旬、残りの区間についても3月中旬までに解除される見通しです。

【能越自動車道】
穴水インターチェンジとのと三井インターチェンジの間が輪島方面への一方通行となり、南に向かう穴水方面は通行止めになっています。

のと三井インターチェンジからのと里山空港インターチェンジの間の南に向かう車線の通行止めは2月下旬までに解除される見通しです。

【国道249号】
奥能登地域につながる国道249号は、緊急車両を除いて通行止めとなっている志賀町深谷の区間で、10日午後3時から片側交互通行で一般車両も通行できるようになります。

一方、珠洲市と輪島市内の国道249号は、合わせて8か所で通行止めが続いています。