経団連 十倉会長 春闘「賃上げ 去年以上の熱量と意思で」

経団連の十倉会長が名古屋市で記者会見し、ことしの春闘について「賃上げについては去年以上の熱量と意思で取り組んでいる」と述べ、製造業が集積する中部地方で中小企業も含めて賃上げの動きが広がることに期待感を示しました。

8日は名古屋市内のホテルで経団連と中部地方の経済界の懇談会が開かれ、終了後に経団連の十倉会長らが記者会見しました。

この中で、十倉会長はことしの春闘について「30年来にわたるデフレからの完全脱却の転換点ということで、賃上げについては去年以上の熱量と意思で取り組んでいる」と述べました。

そのうえで「中部地区は自動車産業を中心としたものづくりのサプライチェーンが典型的に集約されている地域だ。経団連としてもこの地域の賃上げは非常に注視しているし、楽しみにしている」と述べ、製造業が集積する中部地方で中小企業も含めて賃上げの動きが広がることに期待感を示しました。

また、記者会見で中部経済連合会の水野会長は「デフレからの真の脱却へ向かうチャンスの年と考えている。中小企業における賃上げの実現を考えると発注側の大企業が人件費を含めた価格転嫁を受け入れることが大切だ」と述べました。