ソフトバンクグループ 9か月間の決算 4587億円の赤字

ソフトバンクグループの去年4月から12月まで9か月間の決算は、最終的な損益が4500億円余りの赤字となりました。投資事業の収益が改善し、去年9月までの決算の赤字額、1兆4000億円から縮小しています。

ソフトバンクグループが8日発表した去年4月から12月まで9か月間の決算は、最終的な損益が4587億円の赤字となりました。

去年4月から9月までの半年間の決算では最終的な損益が1兆4000億円余りの赤字となっていましたが、赤字幅が1兆円近く縮小しました。

株式市況が堅調だったことで、去年10月から12月までの3か月間では、傘下の投資ファンド事業で4200億円余りの利益を計上するなど直近で投資事業の収益が改善しました。

さらに2020年4月、傘下にあったアメリカの携帯電話会社「スプリント」が携帯電話会社「TモバイルUS」と合併したことに伴う契約に基づいて去年12月、TモバイルUSの株式を無償で取得したことで2300億円余りの利益を計上しました。

ソフトバンクグループは、去年9月にアメリカで上場した傘下のイギリスの半導体開発会社「Arm」をグループの中核に位置づけ、AI関連の事業や投資を強化する方針で、グループの業績の改善を目指すとしています。

後藤芳光CFO「企業価値の今後の発展に大きく期待」

ソフトバンクグループの中核企業として位置づける傘下の半導体開発会社の「Arm」について後藤芳光CFOは記者会見で、「Armについては私たちはこの先、世界のAIの発展に最も貢献できる会社だと信じている。企業価値の今後の発展に大きく期待している」と述べました。

投資ファンド事業は「着実に改善」

また後藤CFOは、8日の決算発表の会見で、今後の投資方針などを説明しました。

この中で傘下の投資ファンド事業の現状については、「投資損益は、直近の3四半期連続で黒字を出すことができ、本当にこれで一安心だ。2年前から非常に厳しい時期があったが、大きく落ち込んだあと着実に改善を積み重ねてきている」と述べました。

今後の投資方針については、「今期はじめから、攻めに転じるという方針を説明し、その方針に変更なく投資は再開している。攻めと守りをしっかりやっていくことが戦略の基本だ」と述べ、新たな投資先は厳選していく姿勢を改めて示しました。