米俳優 カール・ウェザースさん死去 映画「ロッキー」アポロ役

人気映画「ロッキー」で主人公のライバル、アポロ・クリード役を演じたことで知られるアメリカの俳優、カール・ウェザースさんが1日、亡くなりました。76歳でした。

カール・ウェザースさんはアメリカ南部ルイジアナ州のニューオーリンズ生まれで、アメリカンフットボールのプロ選手として活躍したあと、俳優に転身しました。そして、世界的に人気の映画「ロッキー」シリーズで第1作から第4作まで主人公のライバルで親友のボクサー、アポロ・クリード役を演じて人気を集めました。

複数のアメリカメディアによりますと、ウェザースさんは1日に自宅で安らかに息を引き取ったということです。76歳でした。

死因などは明らかにされていません。

スタローンさん「人生をともにできて幸せだった」

訃報を受けて、映画でウェザースさんと共演し、主人公ロッキーを演じた俳優のシルベスター・スタローンさんは2日、SNSに動画を公開し「ことばにできないほど、胸が張り裂けそうだ。彼がいなければロッキーという作品は成し遂げられなかった。彼は本当にすばらしく、人生をともにできて幸せだった」と述べました。

そして、映画のセリフにちなんで「アポロ、キープパンチング!」と述べて、ウェザースさんを悼みました。