桐島聡容疑者名乗る人物 事件の関与否定も 別の事件関与を示唆

1970年代に起きた連続企業爆破事件の1つに関わったとして指名手配された「東アジア反日武装戦線」のメンバー、桐島聡容疑者(70)を名乗り、29日入院先の病院で死亡した人物が、捜査員の聞き取りに対し、指名手配された事件については関与を否定する一方、別の爆破事件への関わりをほのめかしていたことが捜査関係者への取材で分かりました。

警視庁は、DNA鑑定などを急ぐとともに、聞き取った内容の分析を進めています。

過激派「東アジア反日武装戦線」が1970年代に起こした連続企業爆破事件のうち、昭和50年4月に東京 銀座にあった「韓国産業経済研究所」ビルの爆破事件に関わったとして全国に指名手配されていた桐島聡容疑者(70)を名乗る人物が、今月25日、神奈川県内の病院に入院していることが分かり、警視庁が確認を進めていましたが、29日死亡しました。

この人物は、警視庁の捜査員の聞き取りに対し、指名手配された事件については関与を否定していたことが捜査関係者への取材で分かりました。

その一方で、一連の事件のうち、建設会社の「間組」を狙った爆破事件への関わりをほのめかしていたということです。

捜査員が一連の事件についての認識を聞いたところ、「後悔している」とも答えたということです。

警視庁は、DNA鑑定などを急ぐとともに、聞き取った内容の分析を進めています。