20人乗ったマイクロバス 電柱に衝突 1人が大けが 福岡 粕屋町

25日朝、福岡県粕屋町の県道で、工場に向かう外国籍の従業員など20人が乗ったマイクロバスが道路脇の電柱に衝突し、警察によりますと、全員が病院に搬送され1人が骨折の大けがをしたほか、ほかの人も打撲などのけがをしたということで、警察が事故の原因などを詳しく調べています。

25日午前6時半ごろ、粕屋町仲原の県道でマイクロバスが道路脇の電柱に衝突しました。現場の映像では、マイクロバスの前の部分が大きく壊れ、フロントガラスも割れていました。

警察によりますと、マイクロバスは60代の男性が運転し、粕屋町の食品加工工場に勤務するネパールやフィリピン国籍の従業員など合わせて20人が乗っていて、出勤する途中だったということです。

全員が病院に搬送され、このうち1人が骨折の大けがをし、ほかの人も打撲などのけがをしているということです。

現場は片側2車線の直線道路で、警察は運転していた男性から話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。