ヤクルト 村上宗隆 自主トレ公開「三冠王をもう一度取りたい」

プロ野球、ヤクルトの4番、村上宗隆選手が宮崎県での自主トレーニングを公開し、「三冠王をもう一度取りたい」と意気込みを話しました。

村上選手はおととし、日本選手で歴代最多となる56本のホームランを打つなどして、史上最年少の22歳で三冠王に輝き、WBC=ワールド・ベースボール・クラシックの優勝メンバーにも名を連ねました。

しかし、昨シーズンは夏場から調子を取り戻したものの、ホームランは31本にとどまり、打率は2割5分6厘、84打点といずれも前のシーズンを下回り、3連覇を目指したチームは5位に終わりました。

村上選手は17日、毎年一緒に自主トレーニングを行っているベテランの青木宣親選手の地元、宮崎県日向市で練習の様子を報道陣に公開しました。

ストレッチやランニングを入念に行ったあと、室内練習場でキャッチボールを行って体を温め、バッティング練習では力強いフルスイングで次々と力強い打球を飛ばしていました。

村上選手は「ここ最近は日本シリーズなどでオフシーズンが短く忙しかったので、体を調整する時間を取れて充実しています」と話していました。

そのうえで、「自分が三冠王を取ればチームも勝てると思うので、三冠王をもう一度とるために先頭に立って、いい成績を残したい」と意気込みを話しました。