「大谷選手のグローブのおかげで元気に」富山の被災小学校にも

大リーグで活躍する大谷翔平選手が贈ったグローブが、地震で大きな被害を受けた富山県氷見市の小学校に届き、子どもたちがキャッチボールを楽しみました。

大谷選手のグローブは氷見市の小学校や義務教育学校合わせて10校に届けられ、このうち、住宅などへの被害が相次いだ氷見市北大町にある比美乃江小学校では、15日、集まった児童およそ350人にグローブがお披露目されました。

校長がグローブにかけられた布を外し、贈られた3個のグローブを紹介すると、児童からは拍手と歓声が上がりました。

グローブは、子どもたちに野球を楽しんでもらおうと大谷選手が全国の小学校に贈っていて、右利き用が2つ、左利き用が1つで大谷選手のサインもプリントされています。

子どもたちは、早速グローブを順番にはめてキャッチボールを楽しみました。

キャッチボールをした6年生の女の子は「地震が怖い気持ちもあったけど、気持ちが少し楽になった気がする」と話していました。

また、野球チームに所属しているという3年生の男の子は「憧れの大谷選手のグローブのおかげで元気になりました」と話していました。