巨人 4年目 秋広優人 自主トレ公開「去年以上の成績残したい」

プロ野球・巨人で昨シーズンふた桁ホームランをマークした期待の若手、秋広優人選手が大分市内で行っている自主トレーニングを公開し、「この時期に試行錯誤して去年以上の成績を残したい」と意気込みを話しました。

プロ4年目の21歳で身長2メートルの秋広選手は、昨シーズン121試合に出場して打率2割7分3厘、ホームラン10本の成績を残し、大きく飛躍した左バッターです。

秋広選手は、このオフに中日に移籍した中田翔選手の下でおととしから自主トレーニングを行っていて、11日大分市でトレーニングの様子を公開しました。

中田選手と同じ丸刈り姿の秋広選手は、自主トレーニングの目標として1年間戦い抜く体作りを掲げていて、11日は筋力アップと瞬発力の向上を目指し100キロの重りを素早く何度も持ち上げたあとにジャンプを繰り返すトレーニングを行いました。

また、腕立て伏せでは、体が上がらなくなってもトレーナーに補助をしてもらいながら回数をこなすなどみずからを追い込んでいました。

秋広選手はシーズン中に体重が落ちやすく10キロの増量を目指しているということで、昼食では800グラムの肉と山盛りのごはんを必死に食べていました。

秋広選手は「1軍でプレーしていて、調子が悪くなったときに自分で打破できる力が必要だと感じたので、この時期に中田選手にもアドバイスしてもらいながらフォームを固めるよりは試行錯誤して引き出しを増やしたい。去年以上の成績を残せるようにしたい」と意気込んでいました。