イーロン・マスク氏 コカインなど違法薬物を常用か 米報道

アメリカの有力紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は6日、アメリカの起業家、イーロン・マスク氏が違法な薬物を常用していると報道しました。

「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、マスク氏に近い関係者や目撃者などの話として、マスク氏が合成麻薬のLSDやコカインなどを繰り返し使用していると伝えています。

仮に違法な薬物の使用が事実の場合、マスク氏がCEOを務める宇宙開発企業「スペースX」がアメリカ政府とかわした契約に違反する可能性があり、「スペースX」の事業や、同じくマスク氏がCEOを務める電気自動車メーカー「テスラ」の事業に影響が及ぶのではないかと懸念する声が役員などからあがっていると報じています。

「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、マスク氏本人にコメントを求めたものの回答は得られなかったとしています。

マスク氏の代理人の弁護士は「ウォール・ストリート・ジャーナル」に対し、「マスク氏はスペースXで何度も薬物検査を受けていて問題はなかった。このほかにも記事には虚偽の内容がある」と述べたということです。