香川 大みそかに年越しうどん 老舗店はふだんの倍以上麺を用意

大みそかの31日、うどん県として地元をPRしている香川では、年越し「そば」ならぬ「うどん」を食べようと午前中から多くの人が店を訪れています。

香川県では「長く生きられるように」という願いを込める年越しそばにもう一つ願いを足して、「太く長く生きられるように」と年越しうどんを食べる習慣があります。

高松市の中心部にある老舗のうどん店では、31日はふだんの倍以上の3200玉の麺を用意し、午前中から次々と客が訪れていました。

店内では客たちが、セルフ式で注文したかけうどんやぶっかけうどんなどに自分の好きな薬味を盛りつけ、勢いよく麺をすすってさぬきうどんならではのコシの強さを堪能していました。

また、自宅で「年越しうどん」を楽しもうと、持ち帰り用のうどんを買い求める客の姿も多く見られました。

長野と大阪から訪れた男性と女性は「うどんが大好きでぜひ彼女を連れて行きたいと思って来ました」、「来年も健康に気をつけて仲よく過ごしたいです」と話していました。

家族4人で訪れた女性は「長野から愛媛に帰省する途中で香川に寄りました。年越しうどんは知りませんでしたが、図らずも年越しうどんになりました」と話していました。