セ・リーグ打点王 DeNA 牧秀悟 推定年俸2億3000万円で契約更改

プロ野球セ・リーグで今シーズン打点王などのタイトルを獲得したDeNAの牧秀悟選手が、いずれも推定で、1億1000万円アップの年俸2億3000万円で来シーズンの契約を更改しました。

25歳の牧選手はプロ3年目の今シーズン、DeNAの4番として打率2割9分3厘、ホームラン29本、103打点、164本のヒットを打ち、セ・リーグの打点王と最多安打のタイトルを獲得しました。

20日、横浜市内の球団事務所で交渉を行い、いずれも推定で、1億1000万円アップの年俸2億3000万円で来シーズンの契約を更改しました。

牧選手は「びっくりしたし、素直にうれしかった」としたうえで、「WBC=ワールド・ベースボール・クラシックを経験して、シーズンもいい緊張感の中でできたし、ずっと取りたかった打点王を取れたことは自信になった。全試合4番として出させてもらったので、それがいちばんだと思う」と今シーズンを振り返りました。

来シーズンはキャプテン就任も決まっていて、「チームのことを考えながら、それでも打点王だけは最後の最後まで目標にしていきたい。悔しいシーズンが続いているので、キャプテンになったからには、がらっと変わるチームにしていきたいし、優勝できるチームにしていきたい」と決意を語りました。

会見のあとはトナカイの格好に着替え、更改した年俸の金額にちなみ「2」と「3」をかたどった風船を持って、笑顔で写真撮影に応じていました。