日本とフィリピン企業 共同開発の製品紹介 循環型社会がテーマ

東南アジアのフィリピンの特産品であるバナナの茎の繊維に絹などを織り交ぜて仕立てた着物など、日本とフィリピンの企業が循環型の社会をテーマに共同開発した製品を紹介する催しが都内で開かれました。

これは、16日に開幕した日本とASEAN=東南アジア諸国連合の特別首脳会議にあわせてフィリピン政府が開いたもので、両国の政府や企業の関係者などおよそ200人が参加しました。

催しでは、循環型の社会をテーマに日本とフィリピンの素材を生かした衣装を紹介するファッションショーが行われました。

このうち、日本の繊維商社などが披露した着物は、フィリピンではこれまで廃棄されてきたバナナの茎の繊維に絹などを織り交ぜて仕立てたもので、軽くて柔らかな質感が特徴だということです。

このほか、会場には日本の百貨店と生産者の労働環境などに配慮した「フェアトレード」に取り組むフィリピンのメーカーが手がけた、みそや抹茶などを使ったチョコレートも展示され、訪れた人たちは実際に試食したり、担当者から説明を受けたりしていました。

催しには、特別首脳会議のため来日中のフィリピンのマルコス大統領も出席し「持続可能な未来を実現するために、国際社会は一層の協調が求められている。フィリピンと日本のように志をともにする国どうしが連携することが大切だ」と述べ、さらなる関係強化を呼びかけました。