自民 石破氏“政治資金問題 予算成立後の退陣や解散も選択肢”

自民党の派閥の政治資金パーティーをめぐる問題を受けて、石破元幹事長は、岸田総理大臣の対応として、来年度予算案の成立後に、退陣か衆議院の解散も選択肢になり得るという考えを示しました。

自民党の石破元幹事長は11日夜、BSフジの「プライムニュース」に出演しました。

この中で石破氏は、自民党の派閥の政治資金パーティーをめぐる問題を受けた岸田総理大臣の対応を問われ「来年度予算案が成立したら辞めるというのはありだ。国民に判断してもらおうと衆議院を解散するのも責任の取り方かもしれない」と述べました。

また、政府・自民党内に安倍派の政務三役を全員交代させるよう求める声があることについて「事情を知っている人たちが『調査する』と言っているのに、安倍派を一掃するというのは順序が違う。他の派閥からも同様の事例が出れば国政の遅滞どころの騒ぎではなく政権が終わる」と述べました。

さらに立憲民主党が松野官房長官に対する不信任決議案を提出したことに関連し、自民党が反対して否決したあと松野氏を辞任させるのは「矛盾の極みだ」と指摘しました。