袴田巌さん再審 弁護団 衣類の実物示し“ねつ造以外ない”

57年前、静岡県で一家4人が殺害された事件で死刑が確定した、袴田巌さん(87)の再審=やり直しの裁判で、11日、4回目の審理が行われ、弁護団は有罪の決め手とされた衣類の実物を法廷で示し、「ねつ造された以外にありえない」などと主張しました。

57年前の1966年に今の静岡市清水区でみそ製造会社の一家4人が殺害された事件で死刑が確定した、袴田巌さんの再審は、11日、静岡地方裁判所で4回目の審理が行われました。

審理では、事件の発生から1年2か月後に現場近くのみそタンクから見つかり、確定した判決で有罪の決め手とされた、「5点の衣類」が争点になっていて、検察は「衣類は袴田さんのもので、犯行時に着用した」などと主張しています。

この衣類が、11日の弁護団の主張の中で、証言台の前で示されました。

時間の経過によって全体が茶色く変色したステテコが、黒っぽいズボンの上に重ねて広げられると、裁判長が立ち上がって身を乗り出すようにして確認していました。

弁護団は「ステテコは太もも付近のサイズがズボンよりも大きく、ズボンの下にステテコを履くことは困難だ」と主張しました。

また「ステテコや半袖シャツは生地の色である白色に近い状態だった。この事実は、1年2か月間もみそに漬かっていないことをはっきり示していて、衣類がねつ造された以外にありえない」と主張しました。

次回の審理は12月20日に行われます。