オスプレイ墜落 2人の不明乗員のうち1人の遺体 米軍収容と発表

鹿児島県の屋久島沖でアメリカ空軍の輸送機オスプレイが墜落した事故で、アメリカ軍は行方がわからなくなっていた乗員2人のうち1人の遺体を発見し、収容したと発表しました。

アメリカ空軍の輸送機CV22オスプレイは乗員8人を乗せ、先月29日、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。

アメリカ空軍特殊作戦司令部は10日に声明を発表し、行方がわからなくなっていた乗員2人のうち1人の遺体を発見し、収容したと明らかにしました。

この事故では、アメリカ軍は、初期段階の調査の結果、機体そのものに問題があった可能性があるとして、空軍のCV22だけでなく、海兵隊などが使用するMV22を含む、世界に配備しているすべてのオスプレイの飛行を停止しています。

アメリカ軍は、乗っていた乗員8人のうち、行方がわからない残る1人の捜索活動を続けるとともに、事故原因の調査を進めています。