JR新小岩駅で駅員が刃物持った不審者対応訓練 東京 葛飾

東京 葛飾区のJRの駅で刃物を持った不審者などへの対応訓練が行われ、駅員などがさすまたなどを使った緊急時の対応を確認しました。

この訓練は、警視庁葛飾警察署などがJRと合同で行ったもので、新小岩駅の構内には、警察官や駅員などおよそ60人が集まりました。

訓練は刃物を持った男が現れたという想定で行われ、駅員が威嚇する男をさすまたを使って床に押さえつけて制圧するなど警察官が到着するまでの対応を確認していました。

続いて行われた不審物への対応訓練では、警視庁の爆発物処理班が「マジックハンド」と呼ばれる器具を使って、不審物を処理するまでの一連の手順を確認していました。

警視庁は、駅員がさすまたなどの器具を日常的に使用する機会がない中で、定期的に訓練を行うことで緊急時への備えを強化したいとしています。

葛飾警察署の村松毅警備課長は「テロを許さない町づくりのために民間事業者と協力して対策を行っていきたい」と話していました。