宮崎 大淀川 6人乗りの遊漁船転覆 2人死亡 当時は波浪注意報

6日午後、宮崎市の大淀川の河口付近で6人が乗った遊漁船が転覆し、海上保安部によりますと、55歳の船長と64歳の客の男性の2人が死亡しました。ほかの4人は命に別状はないということです。海上保安部が当時の状況を調べています。

宮崎海上保安部によりますと、6日午後3時すぎ、宮崎市の大淀川の河口付近で船が転覆したと近くを通った人から通報がありました。

転覆したのは遊漁船で、乗っていた6人は、午後5時すぎまでに全員救助されましたが、いずれも宮崎市で船長の橋口孝二さん(55)と客として乗船していた池田靖さん(64)の2人が死亡しました。

ほかの4人は病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。

海上保安部によりますと、船長以外の5人は全員、釣りをするために乗っていた客で、救助された際、6人は全員、救命胴衣を着用していたということです。

転覆した現場は、JR宮崎駅から南東におよそ3.5キロ離れた大淀川の河口付近で、当時、波浪注意報が出ていました。

遊漁船は宮崎港に入るため進路を右に変えようとしたところ後方から波を受けて転覆したとみられるということで、海上保安部が当時の詳しい状況を調べています。

現場に駆けつけた男性「転覆した状態で陸に流れてきた」

船が転覆した直後に現場に駆けつけたという80代の男性は「近くを救急車が通ったので、自転車で来た。船は転覆した状態で陸のほうに流れてきていて、波消しブロックから10メートルくらいのところに2人が浮いているのを見た。防波堤の向こうでは、ヘリコプターで1人をつり上げて救助していた。波があまりないときもあるが、きょうは波が出ているほうだと思う」と話していました。

近くの住民「ふだんより波が高かった」

現場近くの住民は「午後3時40分ごろにここに着いた時には船は沖の方にあり、転覆した状態のまま砂浜に流されてきた。船の周りにいた人をヘリコプターで引きあげる作業が行われていた。きょうはふだんより波が高かった」と話していました。

宮崎地方気象台によりますと宮崎市の日向沖では6日午後2時に2.5メートルの波の高さが観測され、波浪注意報が出ていました。また、宮崎市では午後2時半すぎに最大瞬間風速、10.3メートルを観測していました。

転覆した船は

宮崎海上保安部によりますと、転覆したのは遊漁船「汽船五六丸」です。

ホームページやSNSでは「宮崎港の近海などでエサ釣りなどをお楽しみいただける遊漁船サービスです」と説明され、開業は去年4月29日となっています。

船の定員は8人とされ、6日の予約状況は「2名募集中」、7日の運航は「強風欠航」となっています。

乗船場は、現場からおよそ600メートル離れた宮崎港にあり、出港時間は、冬期は午前6時から10時までと、正午から午後10時までと記載されています。