世界の二酸化炭素排出量 過去最大の見通し COP28で報告書発表

世界でことし、化石燃料の利用で排出される二酸化炭素の量は去年に比べ1.1%増え、過去最大になる見通しだと、各国の研究機関で作るグループが発表しました。現在の水準の排出が続けば、7年後には50%の確率で世界の平均気温の上昇が1.5度を超えるとしています。

日本など世界各国の研究機関などで作るグループ「グローバル・カーボン・プロジェクト」は5日、UAE=アラブ首長国連邦で開かれている気候変動対策の国連の会議、COP28で報告書を発表しました。

この中で、ことし石炭や石油などの化石燃料を燃やして排出される世界の二酸化炭素の量は368億トンで、去年に比べ1.1%増え、過去最大の排出量になる見通しだと発表しました。

このうち、燃料別の排出量では石炭が全体の41%を占め、最も多く、去年に比べ1.1%増えるとしています。

また、主要な国では、EU=ヨーロッパ連合や、アメリカが去年に比べ減少した一方、▽インドは8.2%、▽中国は4%増加すると見込んでいます。

その上で、現在の水準の排出が続けば、7年後の2030年には、50%の確率で、産業革命前からの世界の平均気温の上昇が1.5度を超えると指摘しました。

COP28ではEUや島しょ国などが化石燃料の段階的な廃止で合意すべきだと訴えていて、根強い反対もあるなか、今後の交渉の行方が注目されています。