福島 特定復興再生拠点区域の避難指示 すべての解除が完了

東京電力福島第一原発の事故で被災した福島県富岡町で、国が先行して除染などを進めてきた「特定復興再生拠点区域」の避難指示が、11月30日に解除されました。
これで福島県内6つの自治体にあった「特定復興再生拠点区域」はすべて避難指示の解除が完了し、今後は、県内になお残る309平方キロ余りの帰還困難区域の早期の避難指示解除が求められます。

福島県内の帰還困難区域のうち、国は6つの町や村の比較的人口が多いエリアを中心に「特定復興再生拠点区域」に認定したうえで先行して除染などに当たり、順次、避難指示を解除してきました。

このうち最後まで残っていた富岡町の小良ヶ浜地区と深谷地区の県道や共同墓地、集会所などの避難指示が30日午前9時に解除され、通行を制限していたバリケードが撤去されると、パトカーや地元の消防団による防犯パトロール隊の車が解除された道路を進んでいきました。

今回の避難指示解除は宅地などは対象となっておらず、住民の帰還のためには、さらに除染などを行い、避難指示の解除を進める必要があります。

富岡町の山本育男 町長は「この地域の解除に向けて大きな一歩だ。住民の意向に沿ってさらに除染を進め、解除に向けて頑張っていきたい」と話していました。

これで、福島県内の6つの自治体にあった「特定復興再生拠点区域」の避難指示の解除はすべて完了しましたが、県内にはなお、7つの市町村に309平方キロ余りの帰還困難区域が残っていて、早期の避難指示解除が求められます。