女性に性的暴行したなどとして警視正を起訴 近く再逮捕へ

中国四国管区警察学校で指導部長を務める58歳の警視正が、マッチングアプリで知り合った20代の女性に性的暴行をしたなどとして起訴されました。起訴状などによりますと、警視正は売春を女性の親族や職場に告げるなどと脅した上で「関係を持てば上と掛け合って厳重注意にしてあげる」と言って性的暴行をしたということです。警察は、別の女性に対する同様の事件で、警視正を近く再逮捕する方針です。

起訴されたのは、中国四国管区警察学校の指導部長を務める警視正の岩本幸一被告(58)です。

起訴状などによりますと、岩本警視正は、ことし9月に広島市中区のホテルで、マッチングアプリで知り合った20代の女性に「実は警察官だ。売春とかを担当する部署にいる。これは犯罪になる」などと言って脅して性的暴行をした罪と「始末書」だとして書類を書かせた強要の罪に問われています。

警視正は、売春の取締まりだとして女性を警察署に連行する必要があると伝え、親族や職場にも売春について告げると脅した上「関係を持てば上と掛け合って厳重注意にしてあげる」などと言って暴行に及んでいたということです。

検察は認否を明らかにしていませんが、逮捕された際「性的暴行や強要はしていない」と否認していました。

捜査関係者によりますと、警察は、警視正が別の女性にも同様の手口で性的暴行をしたほか「始末書」を書かせたとして近く再逮捕する方針です。