「秋冬にんじん」出荷始まる 鮮やかな赤色と甘みが特徴 石川

石川県小松市では秋から冬にかけて収穫される鮮やかな赤色と甘みが特徴の「秋冬にんじん」の出荷が始まりました。

「秋冬にんじん」は、秋から冬にかけて収穫され、鮮やかな赤色と強い甘みが特徴です。

JAの集出荷場では、13日から「秋冬にんじん」の出荷作業が始まり、形や傷の有無などを確認したあと専用の機械を使って大きさや太さが計測され、等級ごとに箱に詰められていきました。

JA小松市によりますと、ことしは猛暑で生育が遅れたものの10月以降は順調に育ち例年並みのおよそ200トンの出荷を見込んでいるということです。

JA小松市ニンジン部会の本村友一 部会長は「ことしは猛暑で大変でしたが無事出荷できました。刻んでサラダなどに入れて食感も楽しんでほしいです」と話していました。