秋田 八郎潟町 柿の木から実とっていた女性 クマに襲われけが

13日午後、秋田県八郎潟町で、75歳の女性が柿の木から実をとっていたところクマに襲われてけがをしました。ことし、県内でクマに襲われるなどしてけがをした人は、これで68人になり、過去最多の被害となっています。

警察によりますと、13日午後1時すぎ、八郎潟町真坂で、1人で自宅近くにある柿の木から実をとっていた75歳の女性が、背後から現れたクマに突然、襲われました。

女性は、足などを引っかかれてけがをし、意識はあるということです。

クマの体長は1メートルほどで、警察は周辺をパトロールして住民に注意を呼びかけています。

秋田県警察本部によりますと、ことし県内でクマに襲われるなどしてけがをした人はこれで68人と、過去最多だった平成29年の20人の3倍以上になっています。

県と警察は「ことしは『いつでも・どこでも・誰でも』クマに遭遇するリスクがある」として、
▽鈴やラジオなどで音を出して人の存在をアピールするほか、
▽やぶなどの見通しの悪い場所には近づかないよう警戒を呼びかけています。