ガソリン価格 1リットル173.4円 2週連続横ばい

レギュラーガソリンの小売価格は6日時点の全国平均で、1リットル当たり173.4円で、2週連続の横ばいとなりました。

国の委託を受けてガソリン価格の調査をしている石油情報センターによりますと、レギュラーガソリンの小売価格はおととい時点の全国平均で、1リットル当たり173.4円となり、前の週から変わらず、2週連続の横ばいでした。

政府はことし9月から補助金を拡充し、ガソリンの小売価格を175円程度の水準に抑えていますが、原油価格の高止まりや円安の進行により原油の調達コストは依然、高い状態で、補助金への依存が続いています。

経済産業省は9日以降、各地のガソリンスタンドに卸される分から、1リットル当たり29.7円の補助金を支給することにしています。

今後の見通しについて、石油情報センターは「政府による補助金の影響でガソリンの小売価格は引き続き今の水準が続く見込みだ」としています。