9月の家計調査 実質の消費 去年同月比2.8%減 7か月連続減少

ことし9月に2人以上の世帯が消費に使った金額は、食品の値上がりの影響で食料への支出が減ったことなどから、7か月連続で前の年の同じ月を下回りました。

総務省が7日発表したことし9月の家計調査によりますと、2人以上の世帯が消費に使った金額は28万2969円で、物価の上昇を除いた実質で去年の同じ月よりも2.8%減りました。

消費への支出が前の年の同じ月を下回るのはことし3月以来、7か月連続です。

内訳をみますと、食料への支出が去年の同じ月よりも3.7%減りました。猛暑の影響でトマトなどの生鮮野菜が値上がりするなど価格上昇が影響しました。秋物の衣料品も振るわず洋服への支出は21.7%減りました。

また、携帯電話料金を割安なプランに変更する傾向が続いたことで、通信費も7.1%の減少となりました。

一方、9月も暑さが続き、エアコンの利用などで電気代の支出が10.6%増えたほか、外出の機会の増加に伴って自動車関連の支出がプラス22.1%の高い伸びとなりました。