社会

保険金不正請求 損保ジャパン親会社にも立ち入り検査 金融庁

ビッグモーターによる保険金の不正請求問題で、金融庁は、損害保険ジャパンの親会社のSOMPOホールディングスに対し、グループとしてのガバナンスに問題がなかったかを調べる必要があるとして立ち入り検査を始めました。

これは、鈴木金融担当大臣が7日の閣議の後の会見で明らかにしました。

それによりますと、金融庁は、6日、損害保険ジャパンの親会社であるSOMPOホールディングスに対して、保険業法に基づく立ち入り検査を行うことを通知し、検査を開始したということです。

この問題をめぐっては、損害保険ジャパンが、ビッグモーターによる不正の可能性があることを認識しながら、いったん中止していた取り引きを再開したことなどが明らかになり、金融庁が、ことし9月から損害保険ジャパンとビッグモーターに対して立ち入り検査を行ってきました。

金融庁はこの検査の過程で、グループとしてのガバナンスに問題がなかったかをさらに詳しく調べる必要があると判断し、親会社のSOMPOホールディングスに対しても立ち入り検査を行うことを決めたということです。

鈴木大臣は「今回の事案に対して経営管理を適切に行っていたか立ち入り検査を通じ、深みのある実態把握を行う。その上で判明した結果に応じ、法令に基づいて厳正に対処する」と述べました。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。