吉田沙保里さん SNSで謝罪 兄が体罰による指導者資格停止処分

レスリングでオリンピックを3連覇した吉田沙保里さんの兄の栄利さんが子どもに体罰をしたなどとして、日本レスリング協会から2年間の指導者資格停止処分を受けていたことについて、吉田さんは、自身のSNSで謝罪のコメントを出しました。

レスリング女子でオリンピックを3連覇した吉田さんの兄の栄利さんはみずからが指導している津市のレスリング教室で数年前、子どもに体罰をしたなどとして日本レスリング協会から2年間の指導者資格停止処分を受けています。

これについて、吉田さんは30日夜、旧ツイッターのXで謝罪のコメントを出しました。

この中で、吉田さんは「兄の愚行により、傷を負われたご本人とご家族の方々に深くお詫び申し上げます。いかなる理由があっても暴力行為は決して許されるものではなく、兄に対しても今回の処分は当然のことと重く受け止め、指導者として真摯(しんし)に反省することを強く申し伝えております」としています。

そのうえで「今後は二度とこのようなことがないよう私自身もしっかり注視しながら、今まで以上に誠心誠意努力して頑張っていく所存ですので、これからもご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします」とコメントしています。