遊具のモノレール 突然停止し後続車両追突 6人が痛み訴え 熊本

18日昼すぎ、熊本市動植物園で遊具のモノレール1台が運行中に突然、停止し、後続の車両4台が追突しました。警察によりますと、大人6人が首や腰の痛みを訴えているということで、警察などが原因を詳しく調べています。

警察や熊本市によりますと、18日午後0時40分ごろ、東区にある市の動植物園で、園内の遊戯施設で利用できる箱型のモノレール1台が急に停止し、その後、走ってきた別の車両4台が追突したということです。

当時、5台の車両には子ども5人を含む合わせて14人が乗っていて、警察によりますと、このうち大人の男女6人が首や腰の痛みを訴えて、それぞれ病院に向かったということです。

市によりますと、このモノレールは1台4人乗りで、高さ5メートルほどの場所を当時、時速およそ8キロで走行していたということです。

衝突を防止する安全装置が作動していなかったとみられるということで、熊本市は当面の間、この遊具の運行を休止するとともに、警察などが原因を詳しく調べています。

このモノレールは1979年に設置され、4年前にも車両の安全装置が作動せず、玉突き事故を起こしています。

副園長「原因調査し 二度と起こらない体制に」

熊本市動植物園の松本充史副園長は「楽しみな思いで来ていただいた方に申し訳ないという気持ちです。安全管理を第一に考えて原因を調査し、こういったことが二度と起こらない体制をとっていきたい」と話していました。

けがをした乗客については「治療が進むよう対応していきたい」と話していました。