秋篠宮ご夫妻 「海外日系人大会」の開会式に出席

世界各地の日系人どうしが交流を深める「海外日系人大会」の開会式が、秋篠宮ご夫妻も出席されて東京で開かれました。

秋篠宮ご夫妻は、午後2時前に東京 新宿区の会場に到着されました。

4年ぶりに対面での開催となった今回は、ブラジルやペルーなど17か国からおよそ180人が集まったほか、オンラインでも330人余りが出席し、秋篠宮さまが「日系社会のさらなる飛躍に向けて地域や世代、さらには日系・非日系の違いを超えて広がりのある活発な議論が展開されることを期待いたします」とおことばを述べられました。

参加国が順番に紹介され、日系人たちが国旗を掲げてアピールすると、ご夫妻はそのたびに拍手を送られていました。

このあと日系人を代表して、外交関係樹立150周年の節目を迎えたペルーの日系人協会のファン・カルロス・ナカソネ会長が「祖先から受け継いだ伝統的な文化表現と現代的な文化表現の育成は、変わりゆく世界で未来を切り開くための貴重な道具となり、異文化理解の懸け橋となります」などとあいさつしました。

海外日系人大会は18日まで3日間開かれ、最終日には大会宣言が発表される予定です。