“運転免許取り消し処分無効” 福岡県側上告せず2審判決確定へ

6年前、福岡市で軽トラックを運転中に原付きバイクに衝突して男性に大けがをさせた罪に問われ無罪判決が確定した女性が、「運転免許を取り消されたのは不当だ」と訴えた民事裁判で、福岡県側が上告せずに2審の判決が確定することになり、女性は近く運転免許を更新し取り戻せることになりました。

トラック運転手として働いていた45歳の女性は、6年前、福岡市早良区の国道で軽トラックを運転中、原付きバイクに衝突して男性に大けがをさせたとして過失運転傷害の罪に問われましたが、刑事裁判で無罪が確定しました。

女性が、運転免許を取り消されて無罪判決の確定後も処分が撤回されなかったことは不当だと訴えた民事裁判で、先月26日、1審に続いて2審の福岡高等裁判所も福岡県に対し運転免許の取り消し処分を無効とする判決を言い渡しました。

これについて、福岡県警察本部は「判決内容を精査した結果、上告をしないこととした。判決を真摯(しんし)に受け止め、適切に対応したい」として上告しないことを決め、女性の訴えを認めた2審の判決が確定することになりました。

女性の代理人の弁護士によりますと、自動車運転免許試験場で更新の手続きをすれば、女性は運転免許を取り戻せることになりました。

これまで、運転免許がないことでトラック運転手の仕事ができずに再就職が難しかったという女性は、「ほっとしました。公安委員会には無罪や不起訴になった時に処分を見直す仕組みを作ってほしい」とコメントしています。