高さ385m日本一のビル 東京駅そばに誕生へ 最新順位比べてみた

東京駅の近くで、27日、超高層ビルの起工式が行われました。

高さ385メートル。ビルとしては日本一の高さで、2028年3月の完成が予定されています。

都内で超高層ビルの建設が続いています。

385メートルのビル 始動

「トーチタワー」と名付けられたこのビルは、地上62階、地下4階で、高さ385メートルとなります。

下の動画は完成予想のCGです。

動画17秒

都内でことし11月に開業する「麻布台ヒルズ」の超高層ビルを抜いて、ビルとしては日本一の高さとなります。

「麻布台ヒルズ」の超高層ビル

「トーチタワー」は大手不動産会社「三菱地所」などが再開発を進める東京駅の日本橋口近くに建設されます。

27日は、関係者が出席して起工式が行われ、工事の安全を祈願しました。

完成は2028年3月を予定していて、およそ2万人が働けるオフィスフロアのほか、住宅や高級ホテル、それに2000人規模が収容できるホールも設けられます。

ビルの周辺一帯は「トウキョウトーチ」と名付けられ、広場や飲食店なども設けられる予定です。

三菱地所 中島篤社長
「東京都内ではオフィスの供給が増えているが、高さ日本一も売りにすることで、選ばれるビルを目指したい」

東京駅周辺では、ことし3月にオフィスや商業施設などが入る地上45階建ての「東京ミッドタウン八重洲」が開業したほか、複数の再開発プロジェクトが計画されています。

世界一のビルは828メートル

海外では、高さが828メートルで世界で最も高いUAE=アラブ首長国連邦の「ブルジュ・ハリファ」をはじめとして、500メートルを超える超高層ビルが相次いで建設されています。

ブルジュ・ハリファ(ドバイ)

世界と日本の高層ビルやタワーを比べてみました。

これまでの国内の高層ビルでは、大阪にある「あべのハルカス」が最も高くなっています。

TOP5のうち、大阪が3つ、都内と横浜がそれぞれ1つとなっています。

そして今後5年程度で完成・開業予定も含めたランキングです。

都内で超高層ビルが増え、TOP5のうち都内が3つ、横浜と大阪がそれぞれ1つとなります。

なぜ都内で高層ビルの建設 相次ぐ?

不動産の調査会社「東京カンテイ」
「新型コロナの影響でリモートワークが普及したこともあって、多くの人を呼び集められる場所はオフィスや住宅、商業施設が集積し、利便性が高い都心などに限られる傾向がある。
一方、集客が見込めてもこうした地域では用地の取得が年々、難しくなっている。こうした中、大手の不動産会社が用地取得やビル開発の強みを生かして再開発などをきっかけに収容人数の多い高層ビルを競うように建設している」