NHK報道局記者 不正な経費請求の疑い 第三者委を設置し調査へ

NHK報道局の記者が不正な経費請求を行っているとの情報が寄せられ、調べたところ、私的な飲食が含まれている疑いが強いことがわかりました。NHKは、外部有識者からなる第三者委員会を設置して、調査を進めることにしています。

不正な経費請求を行った疑いがあるのは、NHK報道局に所属する30代の記者です。

ことし7月に情報が寄せられ、調べたところ、請求した経費の中に、去年、東京都内で行った知人との私的な飲食の費用、数万円が含まれている疑いが強いことがわかりました。

このほかにも、不正が疑われる案件が複数あり、確認を進めています。

これを受けて、NHKは、取材・制作に関わる領域ではあるものの、説明責任を果たすため、外部有識者からなる第三者委員会を早急に設置し、事実関係などの調査を進めることを、26日に公表しました。

また第三者委員会のもとで、同じような事案が起きていないかについても調べることにしています。

NHKは「報道の中核組織において、公金である受信料の私的利用という、あってはならないことが生じたことは言語道断であり、徹底的に調査して厳正に対処してまいります」とコメントしています。