ビッグモーター 福岡県内5店舗に一斉捜索 器物損壊の疑い 県警

中古車販売会社「ビッグモーター」の店舗前の街路樹が各地で枯れている問題で、福岡県警察本部が21日、県内の5つの店舗を器物損壊の疑いで一斉に捜索しました。

捜索を受けたのは「ビッグモーター」の福岡県内にある5つの店舗で、このほか北九州市内の1店舗でも任意の捜査が行われました。

捜索を受けた店舗のうち、古賀市にある「古賀店」には午前9時半すぎ、段ボールなどを持った捜査員およそ10人が入りました。

これらの店舗では、店舗前の街路樹が枯れたり、樹木がなくなったりしているのが確認され、市や県、それに国の調査で土壌から除草剤の成分が検出されるなどしたことから、各地の警察署に被害届が出されています。

福岡県警は、街路樹を損傷させた器物損壊の疑いで捜索を行い、21日の捜索では従業員名簿やマニュアル類などの関係資料を押収したということです。

警察は、押収した資料などを分析するとともに店舗の関係者から聞き取りを行うなどして、詳しいいきさつを調べることにしています。

また、この問題をめぐっては、除草剤をまくなどの行為が組織的に行われていた疑いがあるとして警視庁と神奈川県警が9月15日に本社を捜索していて、警察は本社側の関与についても解明を進めることにしています。

ビッグモーター「捜査に対しては全面的に協力」

福岡県内の店舗が警察の捜索を受けたことについて、ビッグモーターは「捜査に対しては全面的に協力してまいります」とコメントしています。