ロシア 北朝鮮と軍事協力拡大などで合意へ きょうにも首脳会談

ロシアのプーチン大統領は、極東を訪問している北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記と13日にも首脳会談を行うとみられます。ウクライナ侵攻で兵器や武器の不足が指摘されるなか、ロシアの外交筋は、プーチン大統領がキム総書記との間で、軍事技術協力の拡大などで合意する見通しだと明らかにしました。

北朝鮮のキム・ジョンウン総書記を乗せた専用列車は12日、国境を越えてロシアに入った後、北上していて、ロシアの鉄道関係者によりますと、列車は、極東のアムール州に向かうということです。

一方、ロシアのプーチン大統領は、アムール州にあるボストーチヌイ宇宙基地を訪問すると明らかにしていて、13日にも宇宙基地で首脳会談が行われるのか関心が集まっています。

この首脳会談について、ロシアの外交筋は、NHKの取材に対して、プーチン大統領がキム総書記との間で包括的な枠組みを通して軍事技術協力を拡大することで合意する見通しだと明らかにしました。

また、北朝鮮労働者のロシア側への派遣や北朝鮮での原子力発電所の建設支援の可能性など、さまざまなテーマで意見が交わされるとしています。

ロシア大統領府のペスコフ報道官は12日、首脳会談には、ショイグ国防相も同席するとしていて、政権の主要な幹部も顔をそろえるとみられます。

ウクライナ侵攻のいっそうの長期化にも備えて、砲弾など大量の武器が必要なロシアと、軍事的な先端技術の支援を求めるとされる北朝鮮が、今回の首脳会談をきっかけに連携を一段と強める可能性があり、欧米側は会談の内容を注視しています。

ロシア国営メディア キム総書記 国境沿い駅に到着時の映像公開

ロシア国営メディアは北朝鮮のキム・ジョンウン総書記が12日、北朝鮮との国境沿いのロシア極東のハサン駅に到着した際の映像を公開しました。

映像では、黒のスーツ姿のキム総書記が、チェ・ソニ外相や、核・ミサイル開発で中心的な役割を担ってきたとされる、朝鮮労働党のリ・ビョンチョル書記らとともに列車から降りたあと、ロシア側の高官から歓迎される姿が映っています。キム総書記の「執事」とも呼ばれ、2018年の史上初の米朝首脳会談などでも準備を担ったキム・チャンソン氏の姿も確認できます。

一方、ロシア国営メディアは、リ・ソルジュ夫人や娘、それに妹のキム・ヨジョン氏は同行していないとしています。

ハサン駅のホームには、赤いじゅうたんが敷かれて歓迎式典が行われるなど友好ムードを演出していて、キム総書記は2019年の前回の訪問を踏まえて「4年ぶりの再会ですね」「ありがとうございます」などと笑顔で言葉を交わしていました。

また、キム総書記を出迎えたロシアのコズロフ天然資源環境相と駅の構内でいすに座って懇談する様子もみられます。

キム総書記を乗せた専用列車はその後、ロシアの沿海地方の鉄道路線を北上していて、プーチン大統領との首脳会談の開催地について関心が高まっています。

ボストーチヌイ宇宙基地とは

ロシア語で「東」を意味するボストーチヌイ宇宙基地は、ウラジオストクからおよそ1000キロ、モスクワから5000キロ余り離れた極東のアムール州にあります。

宇宙開発を重要な国家プロジェクトの1つに位置づけるプーチン政権が、隣国カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地にかわる新たな宇宙開発の拠点として、建設を進めてきたもので、2016年、最初のロケットが人工衛星を載せて打ち上げられました。

基地では、ロシア以外の国の衛星の打ち上げも行われ、2017年と18年には日本のベンチャー企業が開発した超小型の人工衛星も打ち上げられました。

先月には旧ソビエト以来、およそ半世紀ぶりとなる無人の月面探査機「ルナ25号」が打ち上げられました。

ボストーチヌイ宇宙基地の整備は続いていて、有人宇宙船や大型の軍事衛星が搭載できる新型ロケットの打ち上げを目指して、新たな発射台の建設が進められています。

一方、去年4月にはロシアと同盟関係にあるベラルーシのルカシェンコ大統領が訪れ、プーチン大統領との首脳会談が行われました。