アメリカとベトナムが首脳会談 外交関係の格上げを合意

アメリカのバイデン大統領は就任後、初めてベトナムを訪れ、最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長と会談し、両国の外交関係を格上げすることで合意しました。

ベトナムとの関係強化を通じて、中国とロシアをけん制するねらいです。

アメリカとベトナムの首脳会談は10日、首都ハノイで行われ、会談後、両首脳が共同で記者発表を行いました。

このなかでバイデン大統領は、両国はベトナム戦争のあと関係修復に取り組んできたと振り返ったうえで「重要な一歩だ」と会談の意義を強調し、両国の外交関係を「包括的戦略パートナーシップ」に格上げすることで合意したと明らかにしました。

また、チョン書記長は「ベトナムはアメリカと全面的に協力する用意があり、この独立と協力は全世界に利益をもたらす」と述べました。

ベトナムは、隣国の中国とは、南シナ海の島々の領有権をめぐって対立しているものの、経済的には深い関係があります。

また、ロシアとも、長年、武器の購入を通じて、関係を深めてきました。

一方、最近はアメリカとの経済関係も拡大していて、製造拠点を中国からベトナムに移すアメリカ企業が増えています。

バイデン大統領としては、安全保障や経済など幅広い分野でベトナムとの関係を強化することで、中国とロシアをけん制するねらいです。