貨物船転覆 乗組員3人救助 2人行方不明 和歌山県沖

24日夜遅く、和歌山県沖の紀伊水道の海上で日本船籍の貨物船とリベリア船籍の貨物船が衝突しました。日本船籍の貨物船が転覆し、乗組員5人のうち3人が救助されましたが、2人の行方がわかっておらず、海上保安本部が捜索しています。

第5管区海上保安本部によりますと、24日午後11時40分ごろ、和歌山県美浜町近くの沖合15キロの紀伊水道の海上で東京の「泉海運」が運航する貨物船「いずみ丸」499トンと、リベリア船籍の貨物船が衝突しました。

海上保安本部が現場の海域を捜索したところ、「いずみ丸」が転覆しているのが見つかりました。

「いずみ丸」には30代から70代の日本人の男性乗組員5人が乗っていて、このうち3人が救助され、いずれも意識があり命に別状はないということです。

残る2人の行方がわかっていないということで、海上保安本部は巡視船6隻とヘリコプターを出して捜索を続けています。

不明の2人は船長と一等航海士

転覆した貨物船は、東京に本社がある「泉海運」が所有する「いずみ丸」で、会社によりますと、別の海運会社に所属する日本人の男性乗組員5人が乗っていました。

このうち、50代の船長から25日午後11時35分、「外航船と衝突した」と電話があり、その後、連絡がとれなくなったということです。

5人のうち3人は救助され、いずれも命に別状はないということですが、船長と60代の一等航海士の2人の行方が分からなくなっているということです。

「いずみ丸」は総トン数が499トン、全長75メートル余りで、金属のスクラップを積んで23日に千葉県の港を出発し、25日の早朝に岡山港に到着する予定でした。

事故の状況などについて、会社は「現在調査中で詳しいことは分からない」としていて、現地に社員を派遣するなどして情報収集にあたっているということです。

貨物船の状況は

25日の午前7時半ごろにNHKのヘリコプターから撮影した映像では転覆した貨物船はひっくり返った状態で、赤い船底だけが見えています。

船体はほとんどの部分が海に沈んでいます。近くには転覆した船と衝突したリベリア船籍の貨物船がとどまっています。

船体には大きな損傷は見られません。周辺では海上保安庁の船が活動している様子も確認できます。