25日も気温高く 新潟や福島では危険な暑さ 熱中症に厳重警戒を

24日は全国的に気温が上がり、新潟県と秋田県では38度以上の危険な暑さとなったほか、北海道など北日本では過去最も暑くなったところが相次ぎました。
25日も全国的に気温が高く、新潟県や福島県では危険な暑さが予想されていて、熱中症への厳重な警戒を続けてください。

気象庁 16地点で統計開始後 最も暑く

気象庁によりますと、南から流れ込む暖かく湿った空気などの影響で、24日も各地で気温が上がりました。

日中の最高気温は、
▽新潟県長岡市で38.9度
▽秋田県大館市で38度ちょうど
と、危険な暑さとなったほか、

▽福島県会津若松市で37.9度
▽山形市で37.6度
▽北海道北見市で37.1度
▽兵庫県豊岡市で35.9度
▽福岡市で35.8度
▽札幌市で35度ちょうど
と、猛烈な暑さとなりました。

北海道と青森県、山形県の合わせて16の地点では、気象庁が統計を取り始めてから最も暑くなりました。

25日も猛烈な暑さ予想

25日も気温の高い状態が続き、日中の最高気温は、
▽新潟県長岡市や福島県会津若松市で38度と、
危険な暑さが予想されているほか、

▽福島市や山形市、秋田県横手市、富山市で37度
▽長野市や埼玉県熊谷市で36度
▽札幌市や盛岡市、宇都宮市、金沢市、兵庫県豊岡市で35度など
と、猛烈な暑さが予想されています。

熱中症警戒アラート(25日)

環境省と気象庁は、25日も熱中症の危険性が極めて高まるとして、
北海道の石狩・空知・後志地方と、十勝地方、胆振・日高地方、渡島・檜山地方、青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、千葉県、神奈川県、新潟県、富山県、石川県に、
「熱中症警戒アラート」を発表しています。

暑さ指数 各地で運動を中止する『危険』の見込み

北日本を中心に、各地で熱中症の危険度を示す「暑さ指数」が原則、運動を中止する『危険』となる見込みです。

また、連日の暑さで熱中症で体調を崩して搬送されたり、亡くなったりするケースが相次いでいます。

引き続き、熱中症に厳重に警戒し、
▽環境省のホームページなどで「暑さ指数」を確認して屋外や空調のない屋内での運動を見合わせるほか、
▽冷房を適切に使用し、のどが渇いていなくても定期的に水分をとるなど、対策を心がけてください。

全国的に大気不安定 激しい雷雨のおそれ

一方、南から流れ込む湿った空気や気温の上昇の影響で西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、近畿や九州などで雨雲が発達しています。

京都市伏見区付近と京都府久御山町付近では、レーダーによる解析で午後3時半までの1時間におよそ90ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

また、午後5時までの1時間には、国土交通省が宮崎県延岡市に設置した雨量計で40ミリの激しい雨を観測しました。

25日も西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうに十分注意するよう呼びかけています。

急に冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には頑丈な建物の中に移動するなど安全を確保してください。