人身事故を物損に検討求める 上田警察署が被害者側に謝罪

長野県上田市でことし4月に起きた小学生が車にはねられて大けがをした事故をめぐって、捜査を担当した警察官が物損事故とすることも含めて対応を検討をするよう保護者に求めていたことが警察への取材でわかりました。
警察は、対応は不適切だとして被害者側に謝罪したということです。

ことし4月、上田市天神で近所に住む小学3年生の男の子が車にはねられ、目の近くの骨などを折る大けがをしました。

上田警察署によりますと、この事故の捜査をめぐって担当した警察官が男の子の保護者に対し物損事故とすることも含めて対応を検討するよう求めたということです。

警察官はこの理由について、「車の運転手が近所に住んでいてはねられた男の子の側とトラブルになるのを避けるためだった」などと説明していますが、最終的にはけがの診断書が提出され人身事故として捜査の手続きが進められました。

上田警察署はこうした対応は不適切だとして謝罪したということです。

NHKの取材に対し伴野達也副署長は、「実際には当初から人身事故として対応していた。子どもがけがをしている中で被害者側に不快な思いをさせてしまい不適切だった」としています。

子どもの保護者「警察の対応 ほかにも疑問」

一方、被害にあった子どもの保護者はNHKの取材に対し、「担当した係長の上司からは『不適切な対応で申し訳なかった』ということばがありましたが、係長本人からは何もありません。子どもをはねた車にはドライブレコーダーが付いているのに事故のあと速やかに確認しないなど、警察の対応にはほかにも疑問があります。事故の被害者を苦しめるような対応が2度と繰り返されないことを望んでいます」と話しています。