岸田首相 東大で生成AIの講座受講 国際ルールづくり主導に意欲

岸田総理大臣は東京大学で開かれた生成AIについて学ぶ講座を受講し、G7=主要7か国の議長国として、国際ルールづくりやリスクに対応する制度の整備を主導していくことに意欲を示しました。

岸田総理大臣は14日、東京大学で開かれた「ChatGPT」など急速に利用が広がる生成AIについて学ぶ講座を受講しました。

この中で岸田総理大臣は、大量のデータを学習させることで文章の作成や要約などができるようになる「大規模言語モデル」というAIの開発作業を、実際にパソコンを使って体験しました。

講座のあと岸田総理大臣は記者団に対し「『百聞は一見にしかず』ということばがあるが、自分の手を使い目で見ることなどを通じて、生成AIについて考える貴重な経験をさせていただいた。きょうの経験も1つの参考にしながら、国際社会などで大きな責任を果たしていきたい」と述べました。

生成AIをめぐっては、生産性の向上につながるといったメリットの一方で、情報漏えいや著作権侵害などの懸念も指摘されています。

岸田総理大臣は、ことし秋にもG7の首脳によるテレビ会議を開催し、国際的なルール作りなどを議論する考えを示していて、G7の議長国として国際ルールづくりやリスクに対応する制度の整備を主導していきたい考えです。