1人暮らしの高齢者の健康状態 猛暑で訪問回数増やし確認 福井

猛暑日が続く中、福井市の高齢者施設では、ケアマネージャーが、担当する1人暮らしのお年寄りの家を訪ねる回数を増やして、健康状態の確認にあたっています。

デイサービスなどを行う福井市の高齢者施設では、例年、夏場には2週間に1回程度、ケアマネージャーが1人暮らしの利用者の住宅を回っていましたが、猛烈な暑さが続くことしは、訪問する回数を2倍以上に増やしています。

4日も午前中からケアマネージャーが担当する人の自宅を訪ねて、熱中症にかかっていないか体調を聞き取るとともに、エアコンを使って涼しく過ごせているかや、こまめに水分をとっているかなどを確認していました。

中には、お年寄りがエアコンを使っていなかったケースもあったということで、こうした情報は、SNSで利用者の家族と共有し、見守り態勢の強化につなげています。

訪問を受けた利用者の80代の女性は「去年より暑い日が続いて大変です。1人では生きていけないので、気を配っていただけて助かっています」と話していました。

ケアマネージャーの林智之さんは「視力が低下している人の中には、リモコンの文字が見えず、誤って暖房にしていた例もありました。県外に家族がいるお年寄りもいるので、こまめに連絡を取りながら支えていきたい」と話していました。