3歳児が浴槽で溺れて死亡 放置した29歳男を逮捕 京都 宇治

30日未明、交際相手の3歳の息子を湯が張られた浴槽に放置し溺れさせて死亡させたとして、京都府宇治市の29歳の男の容疑者が逮捕されました。

逮捕されたのは、宇治市伊勢田町の建設業 柏本光樹容疑者(29)です。

警察によりますと、柏本容疑者は30日未明、宇治市の自宅で交際相手の女性の3歳の息子と入浴した際、湯が張られた浴槽に男の子を残したままその場を離れ、溺れさせて死亡させたとして保護責任者遺棄致死の疑いが持たれています。

男の子と母親は29日から容疑者の自宅を訪れていましたが、男の子が夕方から寝ていたため30日の未明になって容疑者が風呂に入れていたということです。

当時、浴槽には男の子の首のあたりの深さまで湯が張られていたということです。

柏本容疑者は、警察の調べに対し容疑を認めたうえで「男の子から『おもちゃをとってきてほしい』と頼まれたので、別の部屋にさがしに行き、およそ20分後に風呂に戻ったら男の子がうつ伏せで浮いていた」などと話しているということです。

当時、男の子の母親は寝ていたということで、警察は詳しいいきさつなどを調べることにしています。