“感染症対策の司令塔” 内閣感染症危機管理統括庁 9月1日発足

感染症対策を一元的に担う司令塔となる政府の新たな組織「内閣感染症危機管理統括庁」は9月1日に発足することになりました。

「内閣感染症危機管理統括庁」は新型コロナ対応をめぐり、病床確保の遅れなど課題が指摘されたことを教訓に感染症対策を強化するため設けられることになり、先の通常国会で設置に必要な法改正が行われました。

後藤経済再生担当大臣は閣議のあとの記者会見で、体制整備などの準備が整いつつあるとして、統括庁をことし9月1日に発足させることを明らかにしました。

統括庁は内閣官房に置かれ、感染症対策を一元的に担う司令塔として政府全体の取り組みの総合調整などを行います。

トップの「内閣感染症危機管理監」は官房副長官が務め、平時は38人の専従職員が訓練や各府省の準備状況の点検などを担うほか、緊急時には兼任も含めて300人態勢で対応にあたる方針です。

後藤大臣は「感染症対応の実務の中核を担う厚生労働省と一体的に対応し、司令塔組織として万全を期していく」と述べました。