PayPay きょうから通信障害時にも決済操作が可能に

スマホ決済のPayPayは、通信障害が起きている際にも決済の操作ができるようシステムを改良し、20日から運用を始めました。大手の会社では初めてとなります。

スマホ決済のサービスでは、画面にQRコードやバーコードを表示させて店側が読み込む方式でも、通信を介してコードを取得する仕組みとなっていることから、通信障害の際は決済を行うことができません。

スマホ決済のPayPayは新たにシステムを改修し、ユーザーが「オフライン支払いモード」で決済するかを選択できるようにする運用を20日から始めました。

そのうえで、1回の決済は5000円を上限とし、1日2回までの制限を設けています。

一方、店側が表示したQRコードをスマホで読み込む方式については、オフラインでの決済には対応していないということです。

大手携帯電話会社などの相次ぐ通信障害では、通話やネット回線だけでなくスマホ決済ができなくなる影響も課題となっていましたが、こうした対応は大手の会社では初めてとなります。

PayPay広報の桑原迪さんは「災害時や、多くの人が集まってつながりにくい状態でも安定的に決済を利用できる状態にしたい」と話していました。