空き地で袋に入った赤ちゃんの遺体見つかる 栃木 小山

19日夕方、栃木県小山市の空き地で、男の赤ちゃんの遺体が半透明の袋に入った状態で見つかり、警察は身元の確認を急ぐとともに、詳しいいきさつを調べています。

警察によりますと、19日午後5時20分ごろ、小山市城東で空き地を通りかかった人から、「赤ちゃんの遺体のようなものがある。足が見えている」などと警察に通報がありました。

男の赤ちゃんの遺体が半透明の袋に入った状態で見つかったということで、これまでの調べによりますと、目立った外傷はなく、衣服は身につけていなかったということです。1歳未満とみられるということです。

現場はJR小山駅から東に600メートルほど離れた住宅街にある空き地で、周辺には公園や保育施設があり、比較的人目につきやすい場所です。

警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、遺棄された詳しいいきさつを調べています。