台湾 民進党 頼副総統 来年1月の総統選へ “現状維持”を強調

来年1月の台湾総統選挙に与党の民進党から立候補する頼清徳副総統は、16日に開かれた党大会で演説し、台湾の現状維持を強調しました。

ことしの民進党大会は、来年1月に投票が行われる総統選挙と立法委員選挙に向けた決起集会の場となりました。

党のトップで、総統選挙に立候補する頼副総統が演説し、「台湾は中華人民共和国の一部ではない」として、「台湾は自国の一部」という中国の主張をあらためて否定しました。

その上で「私は引き続き、台湾社会を『中華民国台湾』として結束させていく。地域の覇権主義の拡張に対し、民主的な憲政を守り、現状を維持する」と述べ、台湾の現状維持を強調しました。

そして「対等と尊厳の原則のもと、台湾海峡両岸の人たちのためになるのであれば、中国との交流や協力を進めたい」と付け加えました。

「中華民国台湾」という言い方は、現在の最大野党の国民党がかつて中国大陸を治めていた歴史的経緯もふまえて、蔡英文政権が台湾社会を団結させようと、よく使うようになったもので、頼副総統としては、これに言及することで蔡総統の路線を継承して中国との関係を慎重に処理するという姿勢を示した形です。

党大会では蔡総統も演説し「頼副総統は準備ができている。私からバトンを受け、流動的な情勢の中でも落ち着いて台湾を率いて、前進させ続けると信じている」と述べ、民進党政権の継続に向けて団結を呼びかけました。