福島第一原発処理水 “各国に比べ放射性物質低濃度” 官房長官

福島第一原発から海に放出される計画の処理水について、松野官房長官は、中国を含めた各国の原発から放出されている処理水に比べて放射性物質が低い濃度に薄められると強調し、国際社会の理解を呼びかけました。

東京電力福島第一原子力発電所にたまるトリチウムなどの放射性物質を含む処理水を基準を下回る濃度に薄めて海に放出する計画をめぐっては、中国が「食品の安全や健康への長期的な影響が証明されていない」などと反発しています。

これについて、松野官房長官は、午後の記者会見で「中国は事実に反する内容を発信しており、科学的見地に基づいた議論を行うよう強く求めてきているところだ」と重ねて反論しました。

そのうえで、福島第一原発の処理水について「トリチウムの年間放出量は22兆ベクレル未満にするとしている。中国や韓国を含めた海外の原子力発電所でもトリチウムを液体廃棄物として排出しており、これらと比べて低い水準にある」と強調しました。

そのうえで、今回の放出が国際基準や国際慣行に沿った処分方法であることなどを、国内外に丁寧に発信していきたいという考えを重ねて示しました。