成田空港 多言語で健康相談のサービス オンラインで医師と

新型コロナウイルスの水際対策が緩和され、日本を訪れる外国人が増加する中、成田空港ではさまざまな言語での健康相談がオンラインでできるサービスが新たに始まりました。

成田空港の第2ターミナルで6日から始まったのは、空港の利用者が、都内などにいる医師にオンラインで健康相談ができる有料のサービスで、日本語のほか英語や中国語、ベトナム語、インドネシア語に対応しています。

6日はサービスの開始前にデモンストレーションが行われ、まず利用者役の空港スタッフがその場で看護師に症状を説明し、血圧や体温の測定を受けていました。

その後、オンラインで医師とつながっている端末に向かって英語で「のどが痛い」などと相談すると、医師が、症状を緩和できる市販薬について説明したり、近くの医療機関を紹介できることなどを伝えたりしていました。

成田空港では、コロナ禍での利用者の減少などによってことし3月、第2ターミナルにあった診療所が撤退していて、健康に不安がある人が相談できる体制の整備が課題となっていました。

成田空港会社総務人事部の廣見剛志マネージャーは、「今後も外国からの利用者が増加することが見込まれる中、オンラインや多言語のサービスのニーズや課題を把握し、より良いサービスにつなげていきたい」と話しています。