長崎 壱岐 海で中学生ら6人溺れる 1人が一時意識失う

5日午後1時すぎ、長崎県壱岐市勝本町の海岸で学校の関係者から「生徒が溺れている」と通報がありました。消防や海上保安署によりますと、中学生4人と救助に向かった教諭と漁協の関係者が救助され、このうち女子中学生1人は一時、意識を失ったものの、その後、回復したということです。

5日午後1時10分ごろ、壱岐市勝本町の辰ノ島海岸で学校の関係者から「生徒が溺れている」と消防に通報がありました。

壱岐海上保安署や壱岐市によりますと、地元の勝本中学校の中学2年生の女子生徒4人が海で泳いでいる際に溺れ、さらに救助に向かった教諭と漁協の関係者も溺れたということです。

消防などによりますと、学校関係者などにより6人とも救助されましたが、このうち2年生の女子生徒1人が一時、意識を失ったものの、その後、回復したということです。

市内の病院には、一時、意識を失った生徒を含む女子生徒2人が入院して治療を受けていますが、命に別状はないということです。

壱岐市教育委員会によりますと、5日は地元の勝本中学校の生徒たちが午前中にボランティアで海岸で清掃活動を行い、昼食後、自由時間のときに生徒たちが泳いでいて溺れたものとみられるということです。

壱岐市観光連盟によりますと、辰ノ島は壱岐島から船で10分ほどの無人島で、海岸は夏は海水浴客でにぎわうということです。

長崎地方気象台によりますと、当時、壱岐市には強風注意報が出されていたということです。

また、観光連盟によりますと、辰ノ島と壱岐島を結ぶ遊覧船が就航していますが、5日は、天候不良のため一部の便が欠航したということです。

当時の状況は

現場で中学生たちの救助に向かった勝本漁協の小西晃平さんはNHKの取材に対し、当時の状況について説明してくれました。

小西さんは「清掃活動が終わり、生徒たちは各自で遊んでいました。私が離れた場所から海を監視していたところ、誰かが溺れているという合図が見えたので、小型船2隻で救助に向かいました。現場に到着したときには2人が沖に流されていたので、海に飛び込んで船に引き上げ、陸まで運びました。2人とも意識ははっきりしていました」と話していました。